富士青龍水 バナジウム天然水の効果をご紹介。富士青龍水 バナジウム天然水のお求めは富士青龍水 宅配サービスへ

TOP > 富士青龍水の魅力 > 研究者も注目するバナジウムとは
研究者も注目するバナジウムとは

富士青龍水 バナジウム天然水 研究者も注目バナジウムとは?

富士青龍水はバナジウム天然水です。バナジウムとはカルシウム、マグネシウムと同じミネラル成分の一種です。日本人が昔から摂取してきたものでバナジウムには健康を増進する作用があり非常に注目されています。この富士青龍水は富士山の湧き水ですが、富士青龍水に多く含まれるというバナジウムがなぜ注目されているのでしょうか。


富士青龍水 バナジウムはダイエット中の女性にも魅力的!

富士青龍水 バナジウム</strong>はダイエット中の女性にも魅力的!富士青龍水 バナジウム天然水を食事と一緒に!食事の際気になるカロリーですが、ついつい外食、ファーストフードなどで高カロリーなものを口にして、翌日からダイエット・・・こんな経験は女性ならずとも誰でもあるはず。ある大学グループの行った実験で、健康な若い女性20人に、動物性の脂肪が多い食事(高飽和脂肪酸食)を8日間食べてもらいました。高飽和脂肪酸は血糖値や血中インスリン値を増やし、血液をドロドロにして糖尿病をも招く、”悪玉”の脂肪です。この食事中、一緒にバナジウムが含まれた水を飲むと、バナジウムを含まない水を飲む場合に比べ、血中インスリン値が4分の3に抑えられたという研究結果もあります。これはバナジウムがインスリンの感度を高め、血液をサラサラに保ったと考えられてます。しかも摂取したバナジウムの量は1日あたりわずか80μg!毎日飲む水だからこそバナジウムを手軽に摂ることができ、健康を意識されている方やダイエット中の女性にも愛用されているのです。

富士青龍水 バナジウム天然水は糖尿病・高血圧・メタボを気にする方にもオススメ!

富士青龍水 バナジウム天然水は糖尿病・高血圧・メタボを気にする方にもオススメ富士青龍水 バナジウム天然水  バナジウムは以前から糖尿病を改善する効果が注目されており、糖尿病を治療する薬としても期待されていました。ただ、治療としての効果を確認できたのは1日当たり数十mgのバナジウムを摂取した場合。これをバナジウム水で摂取しようとすると約30Lですが、これが「予防する」のであれば数百分の一で効果が期待できる可能性があると言われています。血糖値が高めの人を対象とした研究でも、バナジウムを1リットルあたり約65μg含む飲料水を飲んでいると、2ヶ月ほどで血糖値が下がって安定してくるという研究結果もあるようです。生活習慣病の原因の一つにもあげられる血糖値が高めのメタボ予備軍には朗報の富士青龍水 バナジウム天然水なのです。

富士青龍水で毎日の生活で自然に取り入れるバナジウム

富士青龍水 バナジウム天然水毎日の生活で自然に取り入れるバナジウム富士青龍水 バナジウム天然水  ダイエットや血糖値の抑制、メタボ対策まで、さまざまな健康に気遣う方に注目されているバナジウムですが、実際毎日の食生活でどのように取り入れれば効果的なのでしょうか。バナジウムは市販の水にも微量は含まれており、私たちの日ごろ口にする食品にも含まれています。バナジウムを多く含む食品で代表的なものは、貝や海藻で、たとえばアサリ(100g中のバナジウム含有量88μg)、ヒジキ(100g中のバナジウム含有量52μg)、ホタテ(100g中のバナジウム含有量50μg)などがあげられます。ただ、昔は日本古来の食生活の中で日本人は1日あたり数十μgのバナジウムを摂取していましたが、近年の食生活の変化から、バナジウムの摂取量は減少傾向にあると言われています。こういった食環境の中でバナジウムを上手に摂取するには、バナジウムの加熱調理しても変化することが無い特長を活かして、手軽にバナジウム水をそのまま飲料水として飲まれるほか、毎日のお料理に使用したり、朝1杯のコーヒーから夜食のスープまで、毎日続けられるさまざまなシーンで取り入れることがバナジウム効果への近道と言えるでしょう。

ページTOPへ
QLOOKアクセス解析